こんな防水材さがしてませんか?
  • においのしない防水材
  • 無害の防水材
  • 含水率が高くてもそのまま工事できる防水材
  • 天候にほとんど左右されない防水材
  • コンクリートから水蒸気がぬける防水材
  • 自己補修効果のある防水材
このようなお問い合わせいただいてます
ビル

使用している防水材で水漏れが止まらないので、効果の高い防水材を探していると、お問い合わせをいただくことがあります。
使用している防水材によっては、経年劣化で亀裂が入ってしまうものや、平らな下地である必要があるもの、においが強いものなどの経年劣化を含めた見た目悪さがデメリットになるかと思います。

また、通常の防水材ですと、天候に左右されることを予め踏まえた上で、予算にしても工事完了日にしても多めに考えておく必要があるかと思います。
天候に左右され工事が進まないのは誰のせいでもありませんが、何らかの責任を取る必要が出てしまいますよね。

こういったお悩みの解決策として、
コンクリートそのものを緻密にし、透水率を下げ
耐久年数が長く、見た目を変えない防水材
を採用してみてはいかがでしょうか?

広範囲な使用環境で発揮でき、施主様と施工業者様や設計者様が確実に満足できる、これからのRC躯体に必需な防水材です。

内部外部を問わず防水効果を発揮するコンクリート改質材

コンクリート改質材とは?

作業風景

新設、既設を問わず、コンクリート構造物に対し耐久性を向上させる一つの手段として、コンクリート表面に保護層を設ける表面保護工法で使用する「けい酸塩系表面含浸材」です。
表面保護工法で使用される材料は「シラン系」「けい酸塩系」および「その他」の材料に大きく分類されます。

表面保護工法では構造物の外見を変える事なく構造物の性能を向上させる事が可能ですが、「けい酸塩系表面含浸材」では、さらに施工性(専門的な技術の習得を必要としない。悪臭等が発生しない。)や経済性(短期間に施行が可能)に優れコンクリート表層部やひび割れ部の組織を緻密化します。

新設構造物に対しては耐久性の確保。既設構造物に対しては劣化抑制や、予防維持管理として活用されています。